病院・クリニックで処方されるED治療薬の割合

勃起障害などの症状で悩んでいる人がたくさんいます。
以前は病院に行かずに一人で悩んでいる人もたくさんいたのですが、最近は薬の開発が行われてきているので、病院を受診して治療を行っている人もたくさんいます。
ここではED治療薬が処方されています。
基本的に病院・クリニックで処方されるED治療薬には3種類があります。
それはバイアグラとレビトラとシアリスです。
その処方されているED治療薬の割合としては、バイアグラが多い傾向があります。
これら3つを比べてみると、バイアグラとレビトラは似たような構造をしており、シアリスだけがブロックのような構造になっています。
シアリスの特徴として持続時間が長いと言うことがありますが、このことが関係しているようです。
バイアグラやレビトラの作用する時間は、4時間から5時間となっています。
これと比べてシアリスは30時間から36時間も効果が持続します。
これらの薬はいずれも血管拡張作用を持っています。
この作用によって勃起を補助しているのです。
実際に病院に行って薬を選ぶときには、医師と相談しながら自分にあったものを選ぶと言うことが大切です。
これらの薬の価格にそれほど大きな差はありません。
メガリスやシラグラといった治療薬もありますが、これらは日本での販売が認められていないので、個人輸入代行業者を使って輸入したり、直接現地に行って購入しなければいけません。
シラグラはバイアグラと同じような効果を得ることができ、価格もバイアグラの3分の1程度となっています。
メガリスはシアリスと同じような効果があり、同じように価格も安くなっています。
これらの医薬品を購入する際には、しっかりと製品に関して確認をしたり安心できる業者に依頼をするようにします。